クラスDアンプ採用のスリムモデル

普段の音楽再生をワンランクアップする、高音質と最新機能をスリムなボディに凝縮。パイオニアが培ってきた高効率クラス Dアンプ技術の採用により、スリムなボディにコンポーネントの性能をそのまま凝縮しました。SX-S30は高さ約8cm奥行き33cmというスリム&コンパクト設計で、多くのラックに収納が可能。さらにリビングインテリアに合わせやすいシルバーカラーを採用しています。

上級機ゆずりのノウハウでチューニングしたクラス Dアンプ搭載
SX-30は、パイオニアが長年培ったノウハウを活かした2チャンネルステレオ用クラス Dアンプを採用。大容量、低インピーダンスのコンデンサーを採用したパワーアンプ部とパワーサプライ部は、双方のバランスを検討し自社で最適設計を行っています。またデジタル信号処理部はノイズ低減のための6層デジタル基板を採用するなどコンパクトな筐体に、上級モデルの設計思想を反映し、85W/chのハイパワーを実現しています。

ステレオレシーバー内部の調整およびサブウーファーの位相管理を行う「MCACC」
音場補正機能の基本となる「MCACC」は、スピーカーの大小、音量、距離、クロスオーバーを判定し、異なるスピーカーをすべて同じスピーカー、同じ距離で鳴らしたように調整します。SX-S30では、これまでマルチチャンネル再生で培った「MCACC」の技術を2チャンネルステレオ再生のために最適化。集音マイクを使用した周波数と音圧レベルの測定により高精度な音場補正を行います。サブウーファーをお使いの方には「フェイズコントロール」技術によりローパスフィルターによって生じるサブウーファーの低減の遅れ(位相ズレ)を解消する位相管理を実現。ステレオレシーバー内部における2.1チャンネルステレオ再生に合わせた最適な状態に補正します。
*MCACCの設定は付属の集音マイクとリモコンを使用します。設定操作の際にHDMIケーブルでお手持ちのテレビと接続し、MCACC関連メニューにて設定を行います。

MP3などの圧縮音源もCDに迫る高音質で再生、「A.S.R(アドバンスド・サウンドレトリバー)」(2ch対応)
MP3などの圧縮オーディオフォーマットの音質を補正し、高音質再生を可能にする「A.S.R(アドバンスド・サウンドレトリバー)」を搭載しています。これにより、圧縮時に失われたデータを補間するとともにCD音源の20kHzに迫る広帯域化を実現し、音の厚みや奥行きのあるサウンドをお楽しみいただけます。

商品仕様

チャンネル数 :2
定格出力[20 Hz-20 kHz、T.H.D. 1 %、4Ω、1ch駆動時]:各ch 85 W
電源電圧:AC100 V・50 Hz/60 Hz
消費電力:55W
待機時消費電力:0.2 W(スタンバイ状態)、2.0 W(ネットワークスタンバイON時)
外形寸法:435 mm(W)×78 mm(H)×330 mm(D)
質量:4.0 kg

【即納】 SX-S30/シルバー(ネットワーク・ステレオレシーバー)【店頭受取対応商品】【在庫有り即納】 - Pioneer-プリメインアンプ

特設展示室へのご案内
東南アジアの民族衣装と布展のご案内
タイ・カンボジアの陶磁器などのミュージアムショップのご案内
タイ・カンボジアの陶磁器|ヨコタ博物館の公式メールマガジン登録はこちら